HAWAII trip vol.2

vol.2

次に感動した出来事としてあげるなら

『ウミガメ』との海です。

オアフ島にあるサンドバーンと言うbeachに行きました。

エメラルドグリーンの海ってこれ!って言っちゃう色していました。

 

ほんとに美しかった。

 

この中にウミガメが居ました。

 

中には、懐っこいウミガメもいたんですが、

突然、現れるウミガメには興奮しました。

シュノーケルで含んだ口の空気が漏れました。

優雅に泳ぐ姿は
とても
気持ち良さげで

同じリズムを心がけて
同じように水かきしながら
ゆっくり一緒に泳ぎました

4D8C745E-41C3-4343-B4AB-9629E1602880

動画です。

是非!!

 

30年をかけてあるルートを辿り
産まれた場所へ戻ってくると
10年前に屋久島で教わりました

タイミングよく訪れた10年前に
屋久島でウミガメの孵化を観ることができました

それはとっても小さくて
波打ち際に打ち上げられながらも
必死に海へ出るウミガメでした

もしも、だけど
あの小さなウミガメだったらと
思うと感動しました

泳ぎながら鳥肌立つとか初めてで
シュノーケルどころじゃなかった

空気が口から漏れまくって
うまく潜れない

一緒に泳げてほんとに嬉しかった

 

次は、20年後
屋久島に戻ってくる
ウミガメに会いたい

 

HAWAII trip vol.1

こんにちは。

4月の出来事ですが、長期休暇を頂いて

初めて『HAWAII』へ

今まで長い休みを取り、海外旅行を重ねて来れて

今回で13回目の海外。

その度に日本では味わえない魅力を感じ、

世界の広さを知ることが、僕にとってとても楽しい時間です。

沢山ある思い出を
ベスト3でまとめてブログにします!

今回はvol.1として

ハワイ島の
『マウナケア』の思い出にします

この場所では、頂上で夕陽を眺めたのと、星空の天体観測をしました!

 

マウナケア山を1日かけて、
地球に触れました。

 

標高4205メートルの高さまで行き
そこから観る夕陽には圧倒されました。

雲の上まで行き

ゆっくりと動く地球の上で

1日の終わりを静寂の中、沈んでいく夕陽を見て、

空の色が変化する様子をじーっと眺めていました。

太陽は一つなのに、初めて見たかのような美しい夕陽でした。

そのまま、天体観測へ。

この山から観る星空は、

手が届きそうで、届かない。

しかも、すぐそこは宇宙。

不思議な気持ちになりました。

地球の上に立って、宇宙空間を想像することが出来た

貴重な体験でした。

 

僕のカメラ技術ではこれが限界。。。

北斗七星。

あと、滅多に現れない『ムーンボウ』を観測できました!!!

 

ムーンボウとは月の虹。

地元の人でもなかなか見れないらしく

幻の虹と言われているそうです。

ハワイでは、

昔から「夜の虹はこの世で最高の祝福」のしるしで、先祖の霊が癒しや知恵を与えるために現われる縁起の良い自然現象と考えられてきたそうです。

写真には残せなかったが、

あの空気感に触れること自体が特別なのに、

さらに、至福なひとときに遭遇できた幸せ。

ほんとに、最高でした!

 

忘れることがない、景色が今でも目を閉じれば浮かんできます。

 

 

次回はvol.2をお楽しみに!

紅葉

今年も秋の日本を堪能しに京都へ行ってきました!

以外と久しぶりの訪れた京都の街は、雰囲気があって

色んな場所で紅葉になっていました。

 

街が自然の変化によって色が変化するって素敵で、

歩いていると、

今年は黄色の葉が際立って美しく感じました。

 

 

自分の中で南禅寺が特に好きな場所なので、

永観堂から南禅寺コースで

ゆっくりと秋晴れの京都を感じました。

 

実は去年の夜間ライトアップで永観堂に訪れていました!

昼間の永観堂は夜と全く違う空気感を感じました。

 

日本の心に触れた時間でした。

 

じーちゃんカメラ

再び、おじいちゃんの使っていたカメラが僕の手元にやってきました。

2台目です。

 

おじいちゃんも写真が好きだったんだろうな、と言う事がかなり想像できます。

今回は、OLYMPUSのシリーズで約50年前に製造されたフィルムカメラ。

trip35と言うカメラ名です。

 

一度、フィルムを入れて撮影したのですが最初に撮っていた写真はなんとなくですが、写っていました。

数枚ですが。。。

 

カメラを触っていく度に、レンズがガタガタになって、レンズが外れてしまいました。

 

とても悩みました。

 

修理するのか、諦めて処分するのか。

そこに対してのこだわりは僕自身、どんなもんなんか。

 

 

製造が古いから、部品が無い可能性がある。

それは覚悟して、出しました。

修理に出してみようと決めました。

 

 

約、一週間後にカメラ屋さんから連絡が入り、

『直りました!』

 

その、連絡を待ってました!

 

 

こいつと共に、

少しTRIPしてきます!

okinawa trip 2

今回の沖縄の旅は、今まで僕が感じてきた沖縄ではなくて

新鮮でオシャレでした。

 

一つ一つお店も紹介したいですが、その中でも

個人的にタイプなお店を紹介させてください!

 

 

『波羅蜜』

 

coffee& good mealsなshop

コンクリートと木がセンス良く
そのコントラストのバランスが
素敵な空間。

高い天井と開けっ放しの窓が気持ちを開放してくれて時間を忘れます。

 

この日のランチメニューは、南インド料理。

 

インドは行ったこと無いが
スパイシーな
香り、視覚、味。

気温や湿度、陽射し…
どんなシーンなのか
そういった事まで連想できて

楽しい。

 

オススメなのでもし、沖縄に行かれるときは是非!

 

okinawa trip 1

先週、沖縄へ

1泊2日で行ってきました。

 

久々の沖縄。

夏の海。

青い空。

白くゆっくり流れる雲。

 

どれをとっても、自然が豊かで、とても美しかったです!

 

 

初めての、古宇利島

初めての、水納島。

 

本島から橋を渡れる島。

フェリーですぐ行ける島。

 

両方ともに最高でした!

 

 

 

弾丸ではあるんですが、充実した2日でした。

自然の美しさを感じました!

 

 

 

ap bank fes 2018

6年ぶりのap bank fes

6年ぶりのつま恋。

 

懐かしさと特別なfes。

 

今回も参加出来た喜びが込み上げました。

 

青空に響き渡るアーティストの声と

鳴り響く音。

 

一瞬で心が持っていかれる瞬間。

 

来てよかった。

来れてよかった。

ほんとにありがとうございました。

 

地球の事、様々な環境問題。

自然災害。

それぞれに起こる事。

楽しいこと、辛いこと、悲しい事。

それでも、しっかり前を向いていける様に、

皆んなで支え合って、手を取り合って、生きて行こうと。

そんなmessageを受け取りました。

 

僕の大好きな音楽fesです。

 

また、参加出来るように、

1日1日、目の前に起こる事に目を向けて

頑張ろう!

また、次のap bank fesまで!!

 

taiwan ~final~

願いを込めて
火を灯し
手で抑えてるlantern

中に熱がこもっていき

上がるぞーってドキドキしてる時間なんてあっという間で

下から見る景色も一瞬だけど

一生脳裏に焼きつくだろうなと思える程の光景

 

本当に鳥肌が止まらなかった

これ程美しいと
思えるコトはなかなか無い

この先もずっと
美しいと思う景色は守りたいし

美しいと感じる事の出来る心
を保ち続けれるようにしたい

今回の旅行で
一番心に残ったイベント
【sky lantern festival】

fin

 

taiwan vol.2

台湾の人は

家でご飯を作らない習慣があるみたいです。

 

台所が無いとか、あるとか.…

 

なので、外食がメインで

飲食店や、屋台はやたらと賑やか‼︎

 

って言うぐらい毎日、外食できる様に、値段が安い‼︎

 

街に活気があって

すごくいい空気でした!

 

神戸もそーゆう感じだったら

もっと、人が街に溢れて

楽しいだろーなと思いました。

 

台湾の食についてですが、

個人差はあると思うんですが

僕的には、

かなり合いました(^^)

 

どれ食べても美味しかった‼︎

そんな印象です!

 

手軽に食べれて

美味くて、安くて、楽しめる!

 

時間が出来たらトリップに、

めっちゃオススメです!

 

 

taiwan vol.1

休暇を頂いてたことを忘れていた訳ではなかったのですが、

帰ってきて、

直ぐに、3周年の事もあったりで

台湾の事を書く前に周年の事をblogに書いてました。

 

新入社員の紹介が終わったと言う事で、

台湾の休暇の事を少し書きたいと思います。

 

まず最初に、

行く前と行った後ではイメージが変わったと言う事です!

 

正直、こんなに楽しめる場所だと思ってなかったです。

 

一番最初に訪れたのが

ノスタルジックな街

<九份>

台湾の有名な観光スポットです!

千と千尋の神隠しの世界感が広がった場所です。

 

ほんとうに、トリップした気分に持っていかれます。

夕方になると灯される燈がとても

その気分になって、

 

目に見えない色んな、生物が歩いてるんじゃないかと

思わされ、ワクワクしたのを覚えています。

ここは、THE taiwanです。